2013/10/01

JAWS FESTA Kansai 2013に行ってきました

後藤です。

土曜日に行われたJAWS FESTA Kansai 2013に、ケイフィールドの社員全員で参加して参りました。

各自で自由に参加したいものに参加する感じだったので、他の方も記事を書くかもしれませんが(ブログを書くまでがJAWS FESTAだそうなので…)、私は主にCDP道場(初心者編)とRedshift Girls、スペシャルパネルディスカッションに参加しました。ので、その感想を書きたいと思います。

まずCDP道場。内容は、以前立ち読みしたクラウドデザインパターン実装ガイドやWikiや、公開されているプレゼン資料などで既に知っている内容がメインでしたが、後半のハンズオンでは実際にDirect Hostingパターン・Cashe Distributionパターンを、S3とRoute53やcloudfrontを利用して構築しました。Route53とcloudfrontを利用するのが初めてだったので勉強になりました。
AWSは、公式のサービスページを見ても それがどういう使い方をすればいいどんなサービスなのかが初心者にはわかりにくいように感じているので、こういった機会に実際に触ると理解が深まっていいなあと思いました。もっとCDPについて勉強したら各サービスについて使わずに分かっていくようになるんでしょうか。

そして、Redshift Girlsさんの講演です。どんまいこさんの名前などをどこかで聞いたことがあったりして、Girlsと書いてあるし女子としては参加すべきかなというのと、Redshiftについて優しくわかりやすく説明してもらえるとのことで、私でもついていけるかなと思い参加しました。
スライドはこちら。サーバーワークスさんが面白い会社さんだなというのは以前の東京の際にも思ったのですが、Redshift Girlsさんの講演もまさしくそんな感じでした。ユーザーグループだから許されるノリの講演、巫女さん衣装のどんまいこさん・ぎょりさん… 写真を撮りそこねたので画像はないですが、インパクトがものすごかったです。でも真面目な内容もとても勉強になりました。Redshiftが何なのか公式のページを見てもあんまり理解できないまま参加していたのですが(そもそもデータウェアハウスが何かすら調べていなかった)、無料分のないRedshiftについて実際に画面を見せながら説明して下さったり、体を張って説明して下さったりで、どういうサービスなのかよくわかりました。
懇親会のとき2人に声をおかけしたのですが、2人とも入社3年目と4年目の営業さんで、人前であのように発表を行ったり、AWSの知識も技術者のはずの私より多かったり、私もあと2年くらいしたらあんな風になれているのかなぁとそわそわしました。(AWSの知識などは、サーバーワークスさんだからこそなんでしょうか。)弊社の社長は 学生の頃からもっとすごいことをしている人もいるから入社年数は関係ないし、1年目でプレゼンを行ったりする人だっているというふうに言っていましたが、いわゆる“普通”の学生はそういうスキルなしに入社し社会人になってから覚えていくことが多いと思います。彼女たちがそうだったかは分かりませんが、その可能性がきっと高いと思うので、それでああやって人前に立てるのはやっぱりすごいなと感じたのです。私も……がんばります。

そして最後。SAP、AWS、Microsoft、ISIP、cloudpackのエバンジェリストさんたちによるスペシャルパネルディスカッションです。後藤さんと堀内さんを知っていて、渥美さんともご挨拶をしたことがあるので、(しかも残りのお二人もSAPとMicrosoftという超大手企業のエバンジェリストですし、)どういう話をされるのかなと興味があって参加しました。
内容はクラスメソッドさんのブログでとても詳しいレポートが公開されているので、参加されていない方はよければそちらをご覧ください。 5人ともとてもすごい方だと思うので私が偉そうに何かを語れるようなことはあまりないのですが、堀内さんや後藤さんが元々はエンジニアだったというのが、当然といえば当然なのかもしれませんが初耳だったので意外でした。そして「エバンジェリストは全てを知っていなければならない」ということで、普通のエンジニアよりも責任感や勉強が必要なんだと改めて知りました。

今回のJAWS FESTAへの参加を通して、堀内さんもパネルディスカッションで話していらっしゃいましたが、AWSは中の人との距離が本当に近いと感じました。業界の有名人のはずの堀内さんや小島さん、後藤さんや河野さんなどが私のような者の顔を覚えてくださっていて、話すことのできる機会があります。そして同じAWSを気に入って仕事をしているような、前衛的な方たちと知り合う機会があります。知り合った方々に、私はまだ知識の少ない新人くらいにしか覚えてもらえていないとは思いますが、もっと知識をつけて 技術的な話とかをできるようになったり、自分から仕事をもらえるようになったりしたいなと、JAWSの集まりに参加するたびに思います。精進したいです。

0 件のコメント :

コメントを投稿