2013/10/07

インターンシップ作品の申請が完了しました/iOSアプリ申請時の色々

後藤です。

大学生のインターンシップに参加された皆さんにはメールでも連絡しましたが、インターンシップ生のみなさんが作ったアプリ2つをiTunes Connectで公開完了しました! 特に前期の皆さんは、大変お待たせしました。何人かメールが届かなかった子がいたのでここでも一応報告しておきます。アプリの公開は順調にいけば2週間後くらいなので、公開までもう少しお待ちください。
ケイフィールドのサイトのリニューアルがあるとかないとかという話があり、サイトからのリンクはまだしばらく繋げられなさそうですが、作品の紹介ページ自体は完成しているのでこちらにリンクを貼っておきます。

(前期)スリプレ 〜Tree Play The Ball〜
(後期)MUKA2BALL


後藤はアプリの申請を初めて行いましたが、いくつかハマったことがありましたので、今後のためにも一応メモしておきます。
(※以下の情報は2013年10月4日時点のものです)


■ 3.5インチと4インチの両方のスクリーンショットが必須だった
アップルの公式ドキュメント(日本語)を先月くらいに見たときは960×640があればいいみたいな風だったのに、いざサムネイルをアップして登録してみたら4インチのもアップしろという赤字が出てきました。英語のドキュメントも見なきゃいけなかったのか、はたまたiOS7が公開になって新しくなったのか… 色んな申請手順とかのブログさんも拝見していたのですが、どこも書いてあることが違ったりでよくわからず、とりあえず公式ドキュメントに従って用意していたのですが…。3.5インチと、4インチ両方必須です。

■ 開発者のお金を払っているアカウントをCode Signing Identityのところで指定しないとValidateできない
詳しいことはよくわからないのですが、お金を払っているアカウントのチームの人なら誰でもよいのではなく、そのお金を払っている人のアカウントの秘密鍵がないとValidateが通らない=チーム内なら誰でもいいわけじゃなく、お金を払ってる人のアカウントでしか 公開用アプリのアーカイブを作れない ということになっているようです。ここと、これはわたしのミスなのですがAppIDを発行し忘れていたことで かなり時間を食ってしまいました。アプリの申請内容自体は、ネットやAppleのドキュメントで調べた通りだったのでけっこうスムーズに済んだのですが…。

■ Missing recommended Icon fileというメールがきた
アプリをSubmitしてすぐに、自動のコード解析ツールで判定して、こういう点があるからrejectされる可能性があるよというのを自動でメールしてくれるみたいです。
今回のは、120pxのアイコンが含まれていないというやつでした。インターンシップ時点ではまだXcode4だったため、4でビルド・アーカイブしてSubmitしたのですが、Xcode4だとそれは自動的には作られないんですね。iOS7からは120ピクセルのアイコンも必須みたいで(たぶんXcode5だと自動的に作られるんだと思いますが)、それが含まれてないからダメだという内容だったと思います。今回のものは、Xcode4でどうしても作る必要があったので、手で120ピクセルのを作ってinfo.plistのicon files?のところに追加して対応しました。これで一度自分でrejectしてSubmitしなおしたところ、メールはきてないみたいなのでこれで良かったみたいです。

■ Missing Push Notification Entitlementというメールがきた
これも自動の解析ツールで、Push通知関係のコードがあるのにPushの何か手続きだか設定だかがされていないという警告のようです。今回のゲームは2つとももちろんPush通知を使っていないのですが、Unityでビルドされたゲームはおそらく必ずこのコードが入ってしまうようです。というのも、Unityが利用しているというprime[31]というところのプラグインがプッシュ通知とかの機能も実装しているようで。
参考のサイトさんを見てもprime[31]の公式を見ても、AppControllerPushAdditionsというファイルを削除すれば大丈夫みたく書いてあるのですが、自分の手元のUnityでは現在の最新バージョンだからなのか、それらしきファイルが見当たらず…。(UnityAppControllerというのはあってその中にNotification系のコードがちらほらあったので、そういうふうに仕様が変わったんでしょうか?)
どうしたものかと思っていたのですが、Unityのフォーラム(英語の)を見ていたら、これに関してはコードが入っていてもPush通知を使っていなければリジェクトされることはなかったというような声がいくつかあったので、そうだと信じて私もReview notesに Unityで作ったゲームなのでプッシュ通知のコードが含まれていますがプッシュ通知は使ってません というようなことを拙い英語で書いておきました。これでダメだったらまたここに追記します。
13/10/17追記:そんな感じで大丈夫でした。


参考:
iOSな日々: iOS7:アイコンサイズの追加対応について
iOSアプリを申請した時に「Missing Push Notification Entitlement」というメールを貰った時の対処法 - 強火で進め
Missing Push Notification Entitlement

0 件のコメント :

コメントを投稿