2013/06/25

Thrift 0.9.0 を iOS から使ってみる(その1 インストール編)

今井です

現在開発中のiOSアプリでサーバとの通信部分を Thrift で実装する事にしたので使い方をメモしておきます。

1. Apache Thrift のインストール

MacPorts を使って次のようにインストールしました。
Homebrew でもインストールできるようですが、システムに依存せず確実に動作する事が望ましいので MacPorts でインストールしました。

  1. MacPorts のパッケージを検索して Thrift がインストール可能か確認する。
    $ port search thrift
    p5-thrift @0.8.0 (perl)
        Perl implementation of Thrift serialization library
    
    p5.8-thrift @0.8.0 (perl)
        Perl implementation of Thrift serialization library
    
    p5.10-thrift @0.8.0 (perl)
        Perl implementation of Thrift serialization library
    
    p5.12-thrift @0.8.0 (perl)
        Perl implementation of Thrift serialization library
    
    p5.14-thrift @0.8.0 (perl)
        Perl implementation of Thrift serialization library
    
    p5.16-thrift @0.8.0 (perl)
        Perl implementation of Thrift serialization library
    
    py-thrift @0.9.0 (python)
        Python bindings to Thrift
    
    py25-thrift @0.9.0 (python)
        Python bindings to Thrift
    
    py26-thrift @0.9.0 (python)
        Python bindings to Thrift
    
    py27-thrift @0.9.0 (python)
        Python bindings to Thrift
    
    thrift @0.9.0 (devel)
        framework for scalable cross-language services development
    
    thrift-devel @1372257 (devel)
        framework for scalable cross-language services development
    
    Found 12 ports.

    "thrift" を含むパッケージは12個見つかりました。その中に thrift @0.9.0 (devel) というお目当ての物が見つかりました。
  2. インストールオプションを確認する。
    $ port variants thrift
    thrift has the variants:
       csharp: enable the C# library
       erlang: enable the Erlang library
       glib2: enable the C (GLib) library
       haskell: enable the Haskell library
       java: enable the Java library
       php: enable the PHP library
       universal: Build for multiple architectures

    "universal" は PowerPC Mac と Intel Mac の両方に対応したバイナリを生成するオプションなので、Intel Mac のみで使用する私の環境では指定不要。"java" は使用する事が決まっているので必須。残りは現時点では不要だが、後でインストールし直すのも面倒なので全部指定することにしました。
  3. インストールする。
    $ sudo port install thrift +csharp +erlang +glib2 +haskell +java +php
    
以上でインストール完了です。

使い方はチュートリアルに書いてあるとおりなのですが手順としては

  1. IDL ファイルを書く
  2. thrift でコンパイルする
  3. 出力ファイルを iOS プロジェクトとサーバサイドプロジェクトに組み込む
となりますがこれらは、次回以降に持ち越します。

0 件のコメント :

コメントを投稿