2013/06/14

iOS7がついに発表されました!

山田です。
先日iOS7が発表されましたね。
主にデザインが大きく変更され、「フラットデザイン」として、
よりシンプルに奥行きのあるUIに生まれ変わりました。
賛否両論ありますが、Appleの変化の一つとして受け入れられるものだったのではないでしょうか。

一歩間違えば批判の嵐になりかねない今回の大幅な変更ですが、
これをやってのけたジョナサン・アイブはさすがです。

さて。
iOS7のリリースは秋ということで、二ヶ月ほど時間があるわけですが、
では開発者はリリースまで指をくわえて待っていればよいかと言えばそうではありません(笑)
すでにADC(AppleDepeloperCenter)では開発環境やドキュメントが整備され、公開されています。つまり我々はこの期間の間に素早く勉強して、次のOSに対応できるように準備しなければいけないわけですね。

社内ではすでに環境を整備して、英語のドキュメントを一通りダウンロードして、開発ができるように準備が整っています。こういう動きはとても大事で、なぜなら時期OSに対応できる技術をすぐにおさえるということは、他社との差別化に繋がるからです。
素早く、変化していく技術に対応していく。このITの業界ではそういった動きが大切ですし、またケイフィールドもこの考え方を大切にしています。

というわけで、もしこの記事を見ているiOS技術者の方がいたら、すぐにADCにアクセスして、何百ページもあるPDF(しかも英語)とにらめっこしながら、Xcodeと戦うことをおすすめします(笑)

0 件のコメント :

コメントを投稿