2013/05/10

AWSサミット体験記(京谷)

・今回の研修目的
今後の自社サービスを運営していく上で活用していけるAWSのサービスを考えること


・研修内容
 AWSサミットへの参加。AWSサミットではAWSを利用したサービスの発表用の企業ブース展示及び、AWS側からの様々なセッションを聞くことができました、また私自身は参加できなかったがユーザーズグループ同士でのディスカッション用のスペースも用意されていたりと、今後AWSを利用していこうとする世界中の人らが意欲的に参加している場となっていた。
 サミットの翌日、AWSニューヨークオフィスへの訪問では、実際にAWSのマーケティングなどを担当している方からAWSの実際の利用例などを伺った。直接時間を取っていただき、ツアー参加者各自が自分たちがAWSを使っていく上で、気になっている点、不安に思っている点などを直接聞くことでそれらの解消につながる場とばっていた。
 また研修以外にもツアー参加者との交流も積極的に行われた。数は15名前後ではあったが、同じ日本で、すでにAWSを利用していたり、これから利用しようという思いを持った方と多くの時間を過ごすことができたため、自分たちの業界以外の立場や考えにふれることでより刺激的な体験をすることとなった。



・研修を通して学び感じたこと

 1. AWSサミット2013 NY 参加 
 まず驚かされた点としては集まっていた人数でした。日本からツアーとして参加した人数はamazonの方も含め15名程度でしたが、コンベンションセターに集まった人数は数千人規模であったように感じました。
 最初のオープニングKeynoteは開始前から長蛇の列で、世界中からの感心が集まっていることをひしひしと感じました。
 日本ではAWS以外のクラウドサービスも多いですがワールドワイドにビジネスを展開していくことを考えるとamazonのサービス抜きで考えることは、ずれているとさえ感じる程です。

 昨年の5月ごろ、クラウドサービスを今後利用していくにあたって、他社との比較を行ったとき、先入観として持っていた物はCPUやメモリ、ストレージとしての従来のただのサーバの変わりというだけで、オートスケールなどの機能面はいっさい見ていませんでした。実際に国内のサービスではそういったものが多かったがAWSではオートスケールなどを用いたシステムの運用管理がより効率的に行えるという点を再認識することができました。
 
 昼からのブレイクアウトトラックではそれぞれが関心のある内容を個別に聞いて廻ることができました。
私は今後社内で行うアプリサービスの立ち上げ、運用をAWSも用いる場合に必要になるであろうセッション、及び収集したビッグデータの取り扱いに関する考察を深めることを目的として廻りました。
 当然、セッションで聞いたサービス以外にも利用できうる物はたくさんあるし、触れたのはホントに一端であるが、少なくとも可能性の再認識をおこなうことはできた。
 それでもなお、どこまで行ってもAWSの良いところとしては「スピード」にあるという風に感じられた。
世界中のどこにいようとも、ネットワーク環境さえあれば、様々なスペックのインスタンスを数分で立ち上げることができ、オートスケールを行うことで、無駄なく必要な分だけのサービスを受けることも容易に実現されている。

 しかしこれらの便利なサービスも自分自身が活用できなければ何の意味もないこともまた事実である。
日々更新され、開発されていくサービスに対応していくには、どん欲に自分から情報、及び技術を吸収していく姿勢が書かせないということを改めて学びました。

 2. AWSニューヨークオフィス訪問
 実際にAWSのマーケティングを担当している方からのお話を聞くことができました。ナスダックなど、実際に大規模なAWSの実用例をもとに話を展開していいてくれました。その中で最も気になった点としてはamazonは固定化されたロードマップはもっておらずユーザーの意見をより多く反映させた内容に変化していくとのこと。当然これにもメリットデメリットはあるとは思うが、実現していくためには常に方向転換できるような軽いフットワークを持ち、臨機応変な技術力が必要となる。この多様な変化が起こりうる現在ではこういった動きも絶対必要となってくる。
 そしてそういった動き方を実現させるツールとしてAWSが活用できるということを強く認識できました。

 3. AWSツアー参加者との交流
 様々な会社からの参加者がおられ数日間行動を共にすることができました。普段関わる人とは業種が異なる人も一つ一つの話が大変刺激的でした。
 またわざわざニューヨークのサミットに参加するというくらい意識が高い人ばかりで、それぞれがそれぞれのプロフェッショナルとしての意識を持っておられ、これからの自分の働き方を考えさせられるという体験もすることができました。
 それぞれが会社の中で自分の立ち位置があり、普段どういった思いで仕事に臨んでいるか、自分にはまだまだプロフェッショナルとして不足しているところを実感できました。
 自らが仕事を構成し、どのように進めまとめていくか、という点に関して人に頼ってる部分がまだまだある自分とは違い、みなさん自分自身が仕事に対して強いスタンスを持って取り組んでいましたが、そこに少しでも近づけるように、この気持ちをわすれず、これからの仕事には取り組んで行きたいです。



・今回学んだ内容を将来にどう活かしていくか
 まずは改めてAWSのサービスを再認識する。
そしてサービスを運用していくにあたり、最も効率のいい運営がどのようなものか即座に提案できるようになる。
そしてなぜそれが最も効率がいいのかについて人に説明して納得してもらえるようにする。

 そして実際に自らが生み出していくサービスにAWSを用いるにあたり、「最適」で「最速」な環境を実現できるようなることが目標です。webやスマホのアプリケーションや業務システムなど種類は問わず、自分が思い描いたサービスを無駄なくスピーディーに実現できるような力をつけたい。 


0 件のコメント :

コメントを投稿