2013/05/10

AWSカンファレンスに参加して(山田)

就職して初めて関わったプロジェクトでAWSを使った開発に携わって、一年余り。
まさか自分がAWSのニューヨークカンファレンスに参加しているなんて夢にも思いませんでした。
「インターネットは世界と繋がっている」ということを肌で感じながら、とても刺激的な体験がたくさんできました。

今回の目的として「AWSが現場でどう使われているのか」「AWSは今後どうサービスを展開していくのか」という2点だったですが、持ち帰るものがたくさんありました。

今までは受託開発でAWSを活用していたのですが、主にはEC2とS3のみを使った最小構成のプロジェクトでした。
しかし、AWSのサービスの組み合わせによってさらにハイパフォーマンスな環境作りが可能であることを、
企業のユースケースなどを絡めて聴くことであらためて再認識しました。

また今回のニューヨークカンファレンスに参加したのはAWSを本格的に活用している方ばかりだったので、
現場でどうAWSを活用しているかという具体的なお話が聴けてとても有意義な時間になりました。

そしてこの、「具体的な話」というのがとても重要だと思うんですね。
私は「自社ではこういう構成でAWSを活用している、あるいは活用していきたいと思う」という話がほとんどできませんでした。
それは普段からAWSを利用し、触ってみて環境を構築してみて、理解する努力を怠ってきたから。
これではせっかく情報が交換できる場所に行っても、その時間を本当に有効に活用することができません。
今後はもっと自分でサービスに触れてみて、AWSを自分の中に落とし込みたいと思っています。

AWSは自身のロードマップを公開するという姿勢は(基本的には)とっていません。
利用者の声を聴いて、その中で改善の優先度を決めて、次々にリリースしていく。
そのスピード感と対応力が、クラウドサービスの最先端を担うAmazonの姿勢なのだと思います。
そしてその声の一つになるためには、日々進化し続ける技術に常に触れていなければなりません。
常に学び続け、技術の最先端を追い続ける。
この体験を通じて、そういう人間になっていきたいです。



0 件のコメント :

コメントを投稿