2013/05/10

AWS Summitに参加をして(中島)


初めまして。今年度からケイフィールドに入社致しました。中島ゆめのと申します。
 ITについては全くの初心者で、パソコン操作も覚束無い私ですが今回は4月17日~21日にAmazon Web Services Summit 2013 in New York Cityに参加させていただいたのでその報告です。

 ニューヨークでの滞在は一日目は到着をしてから、グラウンドゼロや自由の女神などを見学して、同じツアー参加者の方々とマンハッタンの夜景と会話を楽しみながら夕食をいただきました。

 二日目は朝から今回の目的であるサミットへ。KeyNoteのオープニング講演から始まり、お昼、午後からはブース見学に行き、講演がいくつかの会場とタームに分かれているので、英語と内容理解に悩みながらも4回の講演に参加しました。
 せっかく参加することができたのだからたくさん学びたいという思いとは裏腹に、自分自身の知識の無さが露呈し時間はあっという間に過ぎてしまいました。
 その夜はツアーの皆様とステーキを食べにいきました。人生で初めてあれほどお肉を食べました。おいしかったです。そこでは私がこれからどのように働いていくのか、今この業界の現状などをとても丁寧に教えていただくことができました。

  三日目は貴重な体験、AWSのニューヨークオフィスへ行き実際にお話を伺うことができました。昼からは各自自由にニューヨークを散策でした。

 私がAWS Summit 2013に参加をさせていただいて感じたことは、ものをつくることが無限だということです。そしてそのものづくりの環境を作るためにAWSの仕組みがありました。私は今回そのように感じた点を2つ挙げます。
 1つ目は自身での拡大です。
 どのようなものをつくるのかはAWSを利用する側の工夫次第です。実際にはAWSを利用しているというだけでなく、この環境を利用して自社の反映に繋げなくてはいけません。あらゆるアイデアに対応をして広げていけるのはAWSの機能の豊富さにあります。
そして各ブースを見学した際やAWSについて調べている際には、関連企業の多さに驚きました。基本的なサービスやアプリケーションなど多様な機能があるからこそ、利用をしている企業が多いのだと思います。その他にもローコストであるための始めやすさや、事業に応じた費用で利用できるという個々に合わせた利便性があるので、利用する側として自身の拡大に繋げやすい理由です。
 2つ目はAWSが現在拡大中ということです。
 オフィスを訪問し、お話を聞いた際に感じましたが、このAWSという環境自体が、これからも拡大していく手段を常に顧客の需要に合わせ事業を行っていました。事例を踏まえて、現在のamazonの仕組みやこれからの姿勢、企業が広がる過程を聞くことができました。
 以上の2点から利用する自身も、その環境基盤も拡大中であるということで、私は何かをつくることが無限だと感じました。

 私はまだAWSを利用してものづくりを行った経験がありません。クラウドとは何なのか?AWSとは?というレベルでしたので講演内容の理解に大変苦しみました。その上、日本語であっても理解できない内容が今回は英語だったので、実際には雰囲気で情報を掴むことに精一杯でした。
 そのように理解困難な中でも、一緒に日本から訪問した方やニューヨークのオフィスの方から実際にお話を聞くことができたことが私にとって刺激的でとても良い経験でした。AWSの利用者同士、同じような課題や改善点をどうクリアしていくのか話し合うことが出来たり、amazonに対してサービスする側、される側がどのように思っていたり、思われていたりと普段では話されることのないような内容が飛び交っていました。他企業の方々と参加するこのようなツアーだったからこそ味わうことが出来ました。

 私はまだIT業界のスタート地点にも立っていない状態であるにも関わらず、今回のAWSツアーで日本や世界のIT業界の前線を少し覗いたように感じました。初心者である私は圧倒され続け、自分自身ではそこに立っていることすら出来ませんでした。クラウドやアプリケーションなどについて、私自身の理解度や技術力の低さを感じ、現在の立ち位置を知ることが出来たので、今回の経験をこれからのスタートとして取り組んでいきたいと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿